肌を清潔に保つ洗顔と、徹底した保湿ケアが美しい肌を保つ

肌を清潔に保つ洗顔と、徹底した保湿ケアが美しい肌を保つ

肌を美しい状態に保つには、肌の汚れをしっかり落とすことと保湿ケアが重要です。

 

肌は自分で汚れを落とす機能がありませんので、洗顔やクレンジングで汚れを落とす必要があります。

 

脱脂力や洗浄力が強い洗顔料を使用すると、肌を傷めるケースがありますので、マイルドな洗顔料やクレンジングを使用し、洗顔するのがポイントです。洗浄力が強いタイプでなくても、良く泡立ててぬるま湯で洗えば日常の汚れは落とすことができます。

 

しっかり洗顔していてもどうしても残ってしまう毛穴の汚れには、ミルククレンジングが有効です。

 

ホットタオルやスチームで毛穴を開かせた後、マッサージするように使うと毛穴の汚れが落ちやすくなります。それでも汚れが気になる場合は、美顔器のイオン導出が有効です。

 

クレンジングウォーターなどをしみこませたコットンを使用し、美顔器を顔に滑らせるだけで、クレンジングや洗顔では落とすことのできない汚れをディープクレンジングすることができます。毎日行う必要はなく、一週間に一度程度行うと効果的です。

 

保湿は、オールインワンゲルがおすすめです。

 

オールインワンゲルには、化粧水や乳液、美容液やクリームなどの効果が期待できる成分が配合されており、一度で様々な有効成分を肌に届けることができます。

 

オールインワンゲルで美顔器の使用が可能なタイプがありますので、美顔器でオールインワンゲルをイオン導入すれば、更に美容成分が肌に浸透しやすくなります。添加物が入っていないタイプを選ぶようにしましょう。

 

添加物はスキンケアに必要ありませんので、なるべく入っていないほうが肌に優しいためです。敏感肌用の化粧品は、添加物に配慮されたものが多いですが、普通肌の方が使うのにも適しています。ドクターズコスメの化粧品は、更に美容効果が高いものが多く、肌トラブルを防ぎ美肌に導く成分が配合されています。肌を清潔に保つ洗顔と、徹底した保湿ケアが美しい肌を保つポイントです。

 

 

少しずつの工夫と習慣が大切

 

まず一つ目はメリハリUVケアです。

 

紫外線は、シミやシワ、たるみなどの肌老化の原因になります。

 

紫外線はとにかく避けるべきです。若いときは大丈夫と油断している人が多いのですが、紫外線ダメージは貯金のように日々蓄積されていきます。そして、貯金箱がいっぱいになると、肌老化として一気に現れるのです。しかし日焼けを防ぐためには日焼け止めをただ塗ると肌へのダメージが大きいので、デイリーケアとスペシャルケアで分けたほうがいいでしょう。季節を問わず、外を歩く時間が二時間以内ならデイリーケアにします。顔にはファンデーションを塗り、ボディには日傘や手袋、長袖の服で肌を守ります。

 

海や山、旅行に行き1日中紫外線を浴びるときはスペシャルケアを行います。日焼け止めをたっぷり塗り、二時間ごとに塗り直します。二つ目はよい睡眠を取ることです。睡眠は生活習慣の中でもっとも大切です。睡眠時間は最低でも六時間は取り、できれば七時間は確保しましょう。寝付きが悪い、眠りが浅い、眠っても疲れが取れないという人はプチ不眠かもしれません。

 

運動不足、深夜にメールなどを見る、夜にカフェインを取る、週末の朝寝坊など生活習慣を見直しましょう。

 

三つ目は食事です。ごはんは和食が美肌には一番です。野菜をたっぷり取るには、サラダよりおひたし、大豆製品や海藻、きのこ類などもバランスよく取れ、便秘にも効きます。なるべく取るようにしましょう。水分も冷たいものより温かいものを飲みましょう。美肌にはハイビスカスティーやローズヒップティーがおすすめです。

 

四つ目は毎日の入浴です。半身浴で長時間はいる半身浴が人気ですが、長時間入っても肌がふやけるだけで、美肌には意味がありません。美肌によい入浴法は38〜39℃のぬるめのお湯で肩までしっかり10〜20分入ります。あったまりストレス解消につながり、寝付きがよくなります。

 

運動も出来る限り取り入れ筋力をアップすれば、ダメージに負けない肌を作ることができます。