シワの予防・改善法、顔以外のケアも忘れずに

シワの予防・改善法、顔以外のケアも忘れずに

シワを予防する効果がある成分としておすすめなのがアルジルリンです。

 

スペインの製薬会社によって開発された成分で、植物由来の合成ペプチドです。美肌化粧品などに配合されている場合には、アセチルヘキサペプチド-8(3)と記載されています。元々は、美容外科でシワの改善に期待がもてるボツリヌス注射がスペインでは禁止されていたため、開発された成分です。

 

ボツリヌス注射は、筋肉の動きに関わる神経伝達物質を抑制してシワの改善や予防効果にはたらきかけていく施術方法です。ボトックス注射と比べると即効性はありませんが、使い続けることで表情じわの原因となる物質の分泌を抑えることができます。また、神経細胞の活動を和らげて表情筋によるお肌のストレスの緩和にはたらきかけることができます。

 

そのため、塗るボトックスとも呼ばれています。ボトックス注射で懸念されている表情筋の動きがなくなるという副作用もなく、安心して使用することができます。もともとはアルジルリンはバリア機能の通過が難しかったため、お肌の奥へ浸透させることが困難でしたが、技術的な工夫がなされ、エイジングケア用のジェルやクリーム、美容液など幅広い形状で販売されています。

 

使い続けることでお肌のハリがアップし、シワを予防、改善していきます。効果があらわれるまでには個人差がありますが、一般的に2週間から30日ほどで効果を感じる場合が多くあります。使い方は、気になる部位にやさしく塗り込むだけで完了します。目元のちりめんじわが気になる場合には、目尻付近をやさしくマッサージするようにつけていきます。

 

皮膚を指でこすってしまうと摩擦でシワの原因となってしまいますので、指の腹を使ってやさしく塗りこんでいきましょう。アルジルリンが含まれている化粧品の形状によりますが、基本的には汚れをきちんと落とした清潔なお肌に使用しましょう。ほうれい線が気になる場合には下から上へ向かってやさしくなじませていきます。

 

また、額や眉間、口元など、小じわが気になる部位に使用します。注射は抵抗があるという方は是非アルジルリンが含まれた美肌化粧品を使用してみてはいかがでしょうか。そもそも、しわの原因は紫外線などの外部刺激、乾燥、スキンケア不足、睡眠不足、筋肉の衰えなどが考えられます。化粧品を使用すると共に、生活習慣が乱れている場合には改善をすることでより相乗効果が期待できます。

 

自分のしわの原因を知り、お悩みにはたらきかけることができるスキンケア用品にアルジルリンが含まれている化粧品を選ぶのも効果的です。紫外線が気になる場合にはUVカット用のクリーム、乾燥が気になる場合には保湿クリーム、スキンケア不足の場合には美容液など、お手持ちのスキンケア用品の1アイテムを変えてみるのも良いでしょう。複数のアイテムを使用するのは難しいという方は、1つでスキンケアをすませられるオールインワンジェルを選ぶのもおすすめです。

 

首と肘と膝、この3つのパーツのケアも忘れずに

 

顔のスキンケアは欠かさないけれど、ボディは無防備という女性は少なくはありません。

 

顔は常にしっかりケアをして日焼け止めも塗ってお化粧バッチリでも、首から下のスキンケア次第で年齢がバレてしまいます。

 

若く見られる人とそうではない人では、顔以外のケアが違います。特に気をつけたいのが首から胸元にかけたデコルテ部分です。夏場など薄着になると露出が多くなりますが、顔はきれいにメイクしているのに、首から下が日焼けして肌が汚いこともあります。首やデコルテは顔とつながっている部分ですので、フェイスケアをするついでにケアをするようにしなくてはいません。

 

顔につけた化粧品をそのまま首やデコルテまで伸ばして塗ってもいいですし、勿体無いと感じるのでしたら、安い化粧品でも何でも構いませんのでしっかり同じようにスキンケアをしておきます。ファンデーションまで塗る必要はありませんが、日焼け止めは忘れずに塗っておきましょう。また姿勢が悪い、うつむくことが多いという人は首にシワができやすくなります。1日に何度か首を伸ばしたり、首回しをすることでストレッチをして首にシワをつく予防と血行の改善が出来ます。

 

首ほどではありませんが、年齢が出やすく意外と見られている部分が関節です。膝と肘は1日に何度も曲げ伸ばしすることが多い上に角質が溜まりやすく、ほっておくと黒ずんで汚く見えます。黒ずみはゴシゴシ擦ればいいというわけではなく、摩擦刺激から発生します。特に膝は習慣的にしゃがんで膝をつく姿勢を取ることが多い人ほど黒ずみやすくなります。

 

スカートを履いた時などに膝の黒ずみは目立ってしまいます。日常的にできる予防方法としては、洗顔ついでに泡で優しく膝と肘を洗うことと、摩擦刺激を減らすことです。膝と肘は想像以上に肌が乾燥して硬くなっていますので、いつもスキンケアをするついでに保湿ケアをしておきましょう。ボディクリームでもいいですし、顔のスキンケアをして手に余った分を塗っておくだけでも随分違います。

 

首と肘と膝、この3つのパーツのケアをするだけで若く見られるようになります。